親鸞会 宮城

浄土真宗親鸞会 宮城、山形、福島

親鸞会 宮城

浄土真宗親鸞会 宮城、山形、福島

Jodo Shinshu Shinrankai Miyagi OFFICIAL

   親鸞聖人ってどんな方?
     親鸞会 宮城

人生の目的は何か。

 「苦しみの波の絶えない人生の海を、明るく渡す大船がある。その船に乗り、未来永遠の幸福に生きるためである。どんなに苦しくとも、この目的果たすまでは生き抜きなさいよ」

 親鸞聖人、90年のメッセージは一貫して、これしかありませんでした。

 「難思の弘誓は、難度海を度する大船」   (教行信証 総序)

「難度海」とは、生きていく苦しみの人生を海に例えて言われたものです。

 空と水しか見えない海で、押し寄せる苦しみの波に翻弄されながら、夫や妻、子供、金や財産、地位や名誉などの丸太ん棒や板切れ求めて、必死に泳いでいるのが私たちではないでしょうか。
 何かを頼りにし、あて力にしなければ生きてはいけないからです。

 しかし、風や波に悩まされたり、すがった丸太ん棒に裏切られ、潮水のんで苦しんでいる人、おぼれかかっている人、あるいは溺死した人もおびただしい数にのぼります。

 そんな人たちに、懸命に泳ぎ方のコーチをしているのが、政治、経済、科学、医学、芸術、文学、法律などでしょう。

 ところが、

 「どこに向かって泳ぐのか」
 「なぜ、生きねばならないのか」

 肝心な泳ぐ方角、人生の目的が明らかにされているでしょうか。

 何のために生まれてきたのか、何のために生きているのか、なぜ苦しくとも生きねばならないのか、だれも知りません。

 行く先を知らずに泳いでいる人は、やがて力尽きておぼれるだけです。目的を知らずに生きている人は、死ぬために生きているようなものです。死を待つだけの人生は苦しむだけの一生に終わります。
 私たちは決して苦しむために生まれてきたのではありません。生きているのでもありません。
 すべての人の願いは、苦しみ悩みから解放されて、いかにこの難度海を、明るく楽しく渡るかに尽きます。

 そんな私たちに、人生の目的を明示されたのが親鸞聖人であります。

  「難思の弘誓は、難度海を度する大船」

「苦しみの波の絶えない人生の海を、明るくわたす大船がある。その船に乗り、未来永遠の幸福に生きるためである」

 答えは簡潔で鮮やかです。

 難思の弘誓とは、大宇宙にまします諸仏の師匠である本師本仏の、阿弥陀如来の想像を絶するお約束のことです。

 したがって冒頭のお言葉は、

「阿弥陀如来の本願は、苦しみの波の絶えない人生の海を、明るく楽しくわたす大きな船である。この船に乗ることこそが人生の目的である」

との確言であります。

 苦しみの波の果てしない海に、永らくさまよいつづけてきた私たちを、必ず乗せて渡してくださる、救助の大船の厳存と、方角を明示されているのが、『教行信証』であり、親鸞聖人なのです。